ガールズバーで働き出すことが決まれば、勤務中に着る服装について考えると思います。
ガールズバーは他の水商売と違って普段着に近い服装で接客する場合も少なくありません。
カジュアルでいいのか、ドレススタイルなのか等を面接時に確認しておきましょう。
また、どちらかわからない場合はお店に電話して確認しましょう。

おすすめの通販サイト

ガールズバーのバイト中の服装を取り揃えているドレスショップを厳選しました。

ここで紹介しているランキング以外にもたくさんのドレスショップがあります。
全てのドレスショップを見たい方は、ドレスショップ一覧をご覧ください。

DressLine(ドレスライン)

ドレスラインはシンプルな大人っぽいドレスが激安で買えるのでガールズバーのバイトにはぴったりです。

おすすめ度
リピートしたい度
安さ
価格帯 3000円から10000円

RYUYU(リューユ)

ワンピースドレスも多く取り揃えているリューユはガールズバーで働く女子から人気のショップです。

おすすめ度
リピートしたい度
安さ
価格帯 3000円から20000円

DazzyStore(デイジーストア)

デイジーストアは、新宿スワンにも衣装提供をするなど、業界注目ナンバーワンのキャバドレス通販サイトです。

おすすめ度
リピートしたい度
安さ
価格帯 3000円から20000円

Tika(ティカ)

ティカはキャバドレス業界ナンバーワンの通販サイトです。
ガールズバーの中でもゴージャスな雰囲気のお店ならティカのキャバドレスがぴったりです。

おすすめ度
リピートしたい度
安さ
価格帯 4000円から30000円

ガールズバーバイトの働き方

ガールズバーはスナックやキャバクラとは働き方が異なります。
ここではガールズバーバイトの働き方についてご紹介致します。

私服で働ける?

バイト中の衣装はお店によって異なります。
例えばコスプレ用の衣装や、制服、ドレスなどのように指定がある場合がほとんどです。

シフトについて

シフトについてはお店により異なりますが基本的には自由です。
しかし、ガールズバーは小規模のお店が多く、働いている女性の人数に余裕がないお店が多いです。

その場合、週何回以上は働くなどの条件がつくでしょう。

また、当然きちんとしたバイトなので、基本的に当日欠勤などはもちろん不可能です。

Wワークは可能?

Wワークとは、二つ以上のバイトを掛け持ちすることです。

ガールズバーのバイトは夕方から夜にかけて働くお店がほとんどです。
お店のシフトに影響がでないのであれば基本的にWワークOKです。

ガールズバーの面接に行った際に掛け持ちであることは伝えておきましょう。

フリーターは歓迎されるの?

フリーターというと何故か負い目を感じてしまいますが、ガールズバーの業界ではフリーターは歓迎されます。
それは、ガールズバーの営業形態的に、フリーターの方が働きやすいからです。

学生や、社会人のWワークだとどうしても入れる日数が減ってしまいますがフリーターはシフトに多く入れることができるので歓迎されます。

また、毎月多めに働くと時給も高いので、普通のバイトをするよりも明らかに高収入を得ることが可能です。

経験者は優遇される?

ガールズバーでは、カクテルを作るというお仕事をする場合があります。
その場合、カクテルの作り方は奥が深いので、経験者は優遇されることが多いです。

時給は、研修期間が短くなるなどの優遇をされることとなります。

また、経験者はお客様との会話のスキルも備わっているかと思います。
もちろんコミュニケーションスキルも時給アップのポイントとなりますよ。

日払いOKなの?

日払いがオッケーのガールズバーもあれば週払いのガールズバーもありますし、お店によって様々です。
どうしても日払いがいい場合は、面接時に事情を話して相談してみましょう。

個人経営のお店が多いので、店長がいい人だと融通が効く可能性が高いです。